日本ライティングBlog

  • TOP
  • ウイルス
  • ウイルスの接触感染対策はアルコールで大丈夫?

ウイルスの接触感染対策はアルコールで大丈夫?

【前回のウイルスの話】

公共交通機関や美術館等の施設、飲食店での店内入店及びサービス利用時にはマスクの着用が半ば強制的に行われている。

当然のことながら、マスク着用は自身のみならず他者への感染リスク、感染拡大を防ぐのだが、いくつか疑問点がある。

一般的なマスクによるウイルスの暴露量の減少は約20%。
つまりマスクを使用していても不使用時の80%と同量のウイルスを吸収している計算に。

インフルエンザウイルス・コロナウイルス。そもそもウイルスとはなにか?

このことよりマスクはどちらかというとエチケットというマナーの意味が強く利用されていると思われる。そのような現状をふまえた上で、マスクの使用を本格的なウイルス対策に繋げる秘訣をお教えいたします。

ウイルスはどこに滞在しているのだろうか

ウイルスについて知りたい母親

受験生の子をもつ母親

マスクとかでウイルス対策をしているとはいえ、そもそもウイルスってどこにいるのだろうか?
ウイルスについて正しい情報を教えたい先生

ウイルスの先生

そんな質問に私が答えよう。
ウイルスについて知りたい母親

受験生の子をもつ母親

ウイルスの先生!よろしくお願いします
ウイルスについて正しい情報を教えたい先生

ウイルスの先生

さあ、まずウイルスがどこにいるか、そこから教えてあげよう。

ウイルスは突如現れているような感覚、もしくは人為的発生だと考えてないかい?

ウイルスについて知りたい母親

受験生の子をもつ母親

うん。どこで生まれているのかよくわからないです。気付いたら蔓延しているようなイメージですね

ウイルスは動植物に寄生する特殊な存在

ウイルスは動植物に寄生する特殊な存在

ウイルスの起源はいくつか仮説が立てられているものの、確立されているわけではなく、”さまよえる遺伝子”という認識が一番受け入れられているというのが現状です。

そのように生まれたウイルス、人類誕生前は野生動植物に寄生していたものの、人類の発展と共に人々が飼育するようになった家畜や人と接する動物に寄生場所を変えました。

寄生元を宿主と呼ぶのですが、次第にウイルスは宿主を人間へと移行、及び人間の中だけで繁殖するように進化してきた。その例が数年前社会現象にも影響を与えた麻疹になります。

麻疹ウイルスとはそもそも羊やヤギを宿主とするウイルスだったのです。

しかしながら人にのみ適応する進化を遂げたため、現在もなお恐れられている病気になっています。こういったように、基本的にウイルスは動植物由来のウイルスだということを認識ください。

ウイルスについて知りたい母親

受験生の子をもつ母親

ウイルスって動物からきていたんだね。

陰謀論とかがインパクト強くて信じちゃったり、恐怖心を掻き立てられたりしちゃうけどしっかりこういった知識があると少し安心できるね。

ウイルスについて正しい情報を教えたい先生

ウイルスの先生

そうだね。人獣共通感染症という言葉を知っているかい?
ウイルスについて知りたい母親

受験生の子をもつ母親

知らないです。
ウイルスについて正しい情報を教えたい先生

ウイルスの先生

そうか。厚生労働省が動物由来感染症が人間の立場からの観点としてこの言葉を使い、様々な情報を報道してくれているよ。

チェックしてみるのもいいかもしれないね!

参考資料:厚生労働省HP
ウイルスについて知りたい母親

受験生の子をもつ母親

こういったサイトを確認すると聞いたことあるワードとかもあったよ。アニサキスとか!
ウイルスについて正しい情報を教えたい先生

ウイルスの先生

そうなんだ。医療と動物は思っていたより密接な関係なんだ。

ウイルスの接触感染

ウイルスの接触感染

ウイルスについて知りたい母親

受験生の子をもつ母親

へー。でもウイルスの由来はわかったけど、そのウイルスがどのように私たちの体内に入ってくるの?
ウイルスについて正しい情報を教えたい先生

ウイルスの先生

ウイルスは様々な方法で感染経路を通り体内に入ってくるけど、マスクで対応できない感染経路を教えてあげよう

今回は”コロナウイルスの接触感染”という経路にフォーカスを当ててみる。コロナウイルスは衣服や、交通機関の手すり、など様々な物に付着して、ウイルス生存中にその物に触れることで接触感染するのですが、様々な研究機関がウイルスのある特定表面上での生存時間を研究しているので確認してみましょう。

ウイルスの特定表面上における生存時間

CDC、カリフォルニア大学ロサンゼルス校、プリンストン大学 の研究チームが米医学雑誌「ニューイングランド医学ジャーナル」に発表したデータより、
 

・空気中(咳の飛沫で拡散した場合):3時間
・段ボールの表面:24時間
・プラスチックの表面:2~3日
・ステンレスの表面:2~3日

 
またBBCjapan ニュースより、スマートフォンや紙幣での生存時間が28日間も生存することが判明し、当初想定していた期間よりも長く生存していると研究結果が出た。
 

感染症COVID-19を引き起こす新型コロナウイルスが、紙幣や携帯電話などの表面で28日間生存することが、オーストラリアの研究機関の調査で明らかになった。ただし一部の専門家は、物の表面を介した感染リスクを疑問視している。


BBCニュースjapan

 

しかしながら、この実験は暗室で行われていたことから、紫外線の影響を受けていません。紫外線の影響でウイルスが死滅することは判明していることから私たち実生活で28日生存するとは考えられない事を考慮する必要性があります。

ただ、このことからウイルスが付着する物への対策も必要だと言えるでしょう。

新たなウイルス対策とは

新たなウイルス対策とは

多くの人が触れる物をさわることで、体にウイルスが付着します。そのようにウイルスが付着した手で目をこすったり、口元を触ることで粘膜からの侵入を許しますし、勿論皮膚の上からでも何らかの影響で体内に侵入することがあります。

このような観点からでも手洗いうがい等の対策は当然ながら、新しいウイルスの対策案が提案できます。それは接触感染のリスクを減少するために日常で使う物に抗菌機能の製品を利用することです。

イメージとしてスマートフォンを例に説明しましょう。

スマートフォンに何も対策をしていないと汚染された手で触り続けたスマートフォンにはウイルスもたくさん付着、増殖し感染リスクも高まるでしょう。

しかし抗菌対策をすることでスマートフォンに付着、生存するウイルスも減り、感染リスクも減少するという仕組みです。市販のアルコールを吹きかけるのではなく抗菌機能の利用にこだわる理由は

1.増殖抑制
2.増殖阻害
3.不活性化

この3点にあります。

アルコール消毒は手に付着したウイルスの膜を破壊することで消毒、除菌を行うので、③のみの効果になります。ゆえに、物に対しては十分な抗菌機能をしているとは言えません。

しかし抗ウイルス抗菌機能製品はアルコール消毒で得られる恩恵に加え、抗菌を施した部分に特殊な膜を作り①②などのウイルスの増殖を食い止めてくれます。

効果も膜が残る限り続くため、長期的な対策ができる点も魅力になります。

一般的にウイルスの増殖は低温低湿の環境下で増殖しやすいとされています。特に冬の時期は室内でも乾燥しがち、どうしてもウイルスにとって最適な環境になります。

ですので、室内を加湿し、抗菌機能商品を利用でさらなる相乗効果を受けることでしょう。

ウイルスについて知りたい母親

受験生の子をもつ母親

よく両親にお金を触ったら手が汚いから手を洗いなさいっていわれていたことは、こういうことだったんだね
ウイルスについて正しい情報を教えたい先生

ウイルスの先生

そうだね。たくさんの人が触る物は特にウイルスの危険性も高いんだ。

お金、電車のつり革、エレベーターのボタン。自宅で考えると、玄関のドアや電気のボタンがそれに当てはまるね。

特に外から帰宅した時に触る物にはたくさんウイルスが付いているだろうね!

だからそういったところに抗菌機能商品を使うと効果はあるだろう。

またアルコール消毒を多用すると冬季には特に手肌の乾燥を早め、荒れたり、炎症などもしますが、物に抗菌作用を行うことで、手荒れなどを少なくさせた上でウイルス対策ができる点も魅力のひとつですね。

まとめ

ウイルスの対策は衛生維持がキーワードになり、衛生管理も時代と共に遷移してきています。

マスクや手洗いうがいだけでは物足りない、もっとウイルス対策をしたいと考える方はコロナの影響が大きく出た時期に様々な対策が提案されるので試してみてはいかがでしょうか。

しかしながら、実際にどれほどの効果があるのか商品やサービスによってまちまちになります。メディアやSNSの影響が実際の効果より大きく評価されている場合も残念ながら…

そういった際は、科学的な数値を基準に選択することもひとつ。しっかりと第3要因に流されることなく自身が責任もって選んでみてください。

抗菌/抗ウイルス機能性コーティング剤

   
TOP