日本ライティングBlog

H19 LEDヘッドライト

新型デイズ(H19バルブ)のヘッドライトをLED化

「H19のバルブって何?」

こんにちは。
日本製LEDヘッドライト日本ライティング内藤です。

新型デイズ、ekワゴンを購入されたオーナー様がライト交換をしようと調べたところ「H19」という形状が装着されていて「何?何?」と驚かれていると思います。

更に新しいバルブ形状なのでLEDやHIDの社外部品は、ほぼ販売されていない状況なのでハロゲン球で我慢しているオーナー様も少なくありません。

そのような状況なのでヘッドライトのカスタム方法や取付けの情報も少なく、困っている方も多いかと思います。今回はいち早くH19タイプのLEDヘッドライトを販売し、今までに数多くの新型デイズ、ekワゴンのオーナー様に取付けていただいた日本ライティングのLEDヘッドライトを用いて、取付け手順を解説していきます。

残念ながら新型デイズ、ekワゴンを所有していないため、今回は新型デイズオーナーのりょーじ。さんに取付けていただきました。

H19ハロゲンバルブをLED化した手順

H19 LEDヘッドライト

内藤

りょーじさん、新型デイズへのLEDヘッドライト取付けよろしくお願いします。

新型デイズオーナー りょーじさん

H19?と言う未知の形状だったので、LED化は諦めていたので、LED化できて嬉しいです。

内藤

やっぱりH19というバルブ形状はご存知なかったんですね?

新型デイズオーナー りょーじさん

デイズに乗り換えて初めて知りました。見た目はH4タイプに似ているので流用を考えていましたが諦めました。そこでネットでH19のLEDを調べてもあまり、商品がないし、あったとしても不明なメーカーだったので、このままハロゲンで良いやとすら思っていました。

新型デイズオーナー りょーじさん

ただ、ハロゲンの明るさが・・・・ライトonしいると到底思えないほどでしたので、今回のLEDヘッドライトに交換できて大変運転性が向上しました

内藤

それは、良かったです。では、早速ですが取付けの流れを教えていただけますか。

取付け手順を解説

新型デイズオーナー りょーじさん

H19バルブだからと言って、特に難しい作業はありませんでした。基本的にはH4タイプと同じです。詳しくは、付属の説明書の通り作業すれば、初めての方で簡単に取付けができると思います。

新型デイズオーナー りょーじさん

まずは、口金とLEDバルブを分割します。ケガしない様に布等を使用しましょう。

素手の際は口金に指紋ついて格好悪いのでキレイに拭き取った方が…。

新型デイズオーナー りょーじさん

純正バルブからカプラーを抜きます。硬い場合もありますのでケガのない様にしてください。

抜けたら先に外した口金をライトユニットに装着します。持ちにくい物なので車体に落とさない様に…私、落として5分時間ロスしました(苦笑

(動力部じゃなくて完全に下のカバーまで落ちたので早く見つかりました)

新型デイズオーナー りょーじさん

口金をバルブスプリングで固定した後防水ゴムを被せました。


 

内藤

取付けの最中にすみません。
確かに一般的には、口金をヘッドライトユニットに固定して防水ゴムを取付ける手順が推奨されていますが、日本ライティングでは、このやり方はあまりおすすめしていません。

 

防水ゴムを装着してからLEDを取付けると問題な理由

 

  • ●防水ゴムの反発力によりバルブが動き配光不良
  • ●固定位置がわかりにくいため口金を破損する恐れがある
  • ●ファン部分を押し込んでしまい破損する恐れがある

 

 

内藤

などの危険性が高いからです。日本ライティングとしては精度の高い商品の製造・提供を目指しています。性能が100%発揮できる状態でご使用していただきたいと思っておりますので、取付けも以下の手順で行ってください。

 

内藤

被せた防水ゴムを裏返して作業をするとロックピンがロックする確実な装着感が得られ、また防水ゴムをヘッドライトユニットに密着させやすくなります。

内藤

防水ゴムを裏返す作業はファンカバーの隙間ら指を入れないように慎重に行ってください。また、ファンカバー中央を押さないようにしてください。

新型デイズオーナー りょーじさん

そうだったんですね。防水ゴムの取付け一つでも、ここまで違いが出るとは思いませんでした。この方法で取付けをしてみます。

新型デイズ取付けのポイント

助手席側にはヒューズボックスがあり、口金の穴にバルブを入れる際バルブ全長分のクリアランスが無いです。その影響で作業効率はかなり悪くなります。防水ゴムも固く固定されていますのでゴム手袋などを着用して取外すと良いかもしれません。

 

点灯チェック

斜め前から比較

純正ハロゲンバルブ装着画像やはり黄色が目立ちます。

ハロゲンバルブ H19

LEDヘッドライト装着。今のご時世では当たり前の状態ですね。カッコいい!

LEDヘッドライト H19

正面から比較

両側LEDヘッドライト装着。綺麗に青白いです。

LEDヘッドライト H19(正面)

運転席側に純正ハロゲンバルブ、助手席側にLEDヘッドライト装着。

明らかに色が違います。比べると恐ろしいですね。

運転席ハロゲン、助手席LEDヘッドライト

運転席ハロゲン、助手席LEDヘッドライト(車内)

ハイビームを比較

LEDヘッドライト装着。目が痛いくらい明るいです。

LEDヘッドライト H19(正面)

運転席側に純正ハロゲンバルブ、助手席側にLEDヘッドライト装着。運転席側はやはりLEDと比べると暗い。

運転席ハロゲン、助手席LEDヘッドライト(正面)

クールでカッコいい。結果としてLEDに交換は良いですね。ドレスアップの観点でもおすすめです。

LEDヘッドライト H19(アップ)

日本ライティングのこだわり

H19のバルブが装着されている新型デイズ、ekワゴンのリフレクターは左右で形状が異なります。これは実際にH19バルブを製造している段階で左右の配光が異なるのを見つけました。

他社のLEDヘッドライトの状況は分かりませんが、日本ライティングのデイズ・ekワゴン専用H19 LEDヘッドライトについては運転席側と助手席側の振り角(H4・H19タイプは若干左に傾いている)をそれぞれ最適なカットラインがでるように調整しています。商品にも「運転席用」と「助手席用」で分かれていますので、取付けの際は気をつけてください。

※その他のH19 LEDバルブ(ルークス、ekスペース専用)は、左右同じ形状となりますので予めご了承ください。

今回取付けた商品

   
TOP