日本ライティングBlog

【LEDバルブQ&A】ハロゲンバルブと純正HIDの見分け方について

こんにちは。
日本製LEDヘッドライトの日本ライティング内藤です。

ハロゲンバルブとHIDバルブの違いは、「明るさ」や「色味」であることが知られています。しかし、実際にどの程度の違いがあるのか説明する場合、人それぞれ感じ方に違いがあり、上手く違いが伝わらないこともあります。

そこで、ハロゲンバルブとHIDバルブを簡単に見分ける方法をご紹介します。

ヘッドライトには2灯式と4灯式の2種類が多い

内藤

先日お客さんから素朴な疑問を頂きました。質問の内容は、ハロゲンバルブとHIDバルブの見分け方だったのですが、私としては点灯時にハロゲンは、ぼんやり光る程度という答えしかできなかったのです。

それで、もっと良い答えがあれば教えて欲しいのですが。

島田

車業界に従事していると、従事している人間にとって当たり前すぎる答えを一般の人に説明するのは難しいよね。でも純正HIDバルブがどんな装備方法だったか知ることで、答えも導きやすくなるからその辺を解説しよう。

2灯式はハロゲンバルブが多い

クルマのヘッドライトには、2灯式と4灯式が主流です。(最近は純正LEDで3眼などもある)2灯式の場合は、ロービームとハイビームを兼用したバルブ(H4やH19など)なので、ハロゲンバルブを使用しています。

ただし、古いホンダなどの2灯式ではHIDを使用していました。

4灯式はロービームがHIDを使用していたことがある

4灯式では、ロービームとハイビームでバルブを分けることができるので、ロービームをHIDとして、ハイビームはハロゲンバルブとする仕様が多く普及しています。

ハイビームをハロゲンにする理由は、ハイビームはパッシングに使用するためです。反応速度が遅いHIDバルブは、パッシングに向かないことからハイビームはハロゲンバルブを使用しています。

ハロゲンバルブとHIDバルブの見分け方

内藤

という事は、2灯式と4灯式を見分ければ、ある程度絞り込まれますね。でも4灯式でHIDとハロゲンの見分け方はどうすればよいでしょうか。

島田

それは単に明るさと色が違うからね。その辺を解説するよ。

ライト点灯時に違いがある

HIDとハロゲンとでは、明るさやライトの色が異なります。そして、点灯からMAXの明るさになるまでのスピードがHIDではハロゲンより時間がかかります。

明るさや色の違いは、4灯式の場合はハイビーム点灯してライトをのぞき込むことでわかります。もしロービームにHIDを使用していれば、ロービームはハイビームより白くそして明るく光っています。

また、点灯スピードもHIDは遅いので、ライト点灯を誰かに行ってもらい自分でライトの点灯状況を確認してみるとよいでしょう。HIDが点灯する時には、最初に青白く光り、次第に白い色に変化してきます。

LEDバルブに交換する注意点

内藤

ちなみに、ハロゲンバルブをLED化するのは、対応の商品を購入すれば簡単ですが、HIDの場合をLED化にする場合はどうすればよいのでしょう。

島田

HIDは、もとも純正で明るいからね。交換する人は、ハロゲンに比べれば、少ないと思うよ。でもHIDをLED化できないわけでもないからね。その辺を解説するよ。

HIDをLEDバルブに交換する場合は、専用のLEDバルブキットを購入する必要があります。というのも、HIDの場合は、カプラー形状が異なることと、HIDの点灯に必要なバラストと呼ばれるパーツが装着されているからです。

そこで一般的なキットでは、純正バルブとバラストを、LEDキット(コントローラー)に置き換える必要があります。

この他、純正バラストを残したままLED化する商品もあるので、自分の予算と使い方に合わせて選ぶとよいでしょう。

内藤

HIDも専用のLEDキットで変換することが可能なんですね。ちなみに日本ライティングでも開発を進めていますよね。

島田

そうだね。今一生懸命、Sさんが進めているよ。進捗状況も発信をしているので気になる方は、こちらを御覧ください。

純正HID車のヘッドライトをLED化する商品について(D2R・D2S・D4R・D4S)

【進捗状況の報告②】純正HIDのLED化商品

【進捗状況の報告③】純正HIDのLED化商品の構造について提案がありました

まとめ

純正HIDとハロゲンバルブの違いは、完全点灯までの時間の違いと、明るさと色味が大きな違いです。HIDは、点灯初期では青白い色に点灯し、徐々に白色になります。電球色より、かなり白い色であることが特徴です。

ハロゲンバルブは、黄色みがかった電球色が特徴です。これらの違いを見比べて、バルブの判断の際に活用ください。

   
TOP