日本ライティングBlog

H11 ハロゲンバルブをLEDヘッドライト・HIDに交換するときの注意点

ハロゲンバルブの「H11」を明るくLEDにしたい!という声はかなり聞こえてきますが、そもそも「H11」とはどのようなバルブでH8やH16との互換性はあるのか?

こんにちは。
日本製LEDヘッドライト 日本ライティングの内藤です。

最近H11バルブについて質問が多くなりました。LEDやHID化するためにちゃんとした製品を選ぶにはどうすればよいのか。島田さんに聞いてみました。

H11バルブとは

内藤

H11バルブについて詳しく教えていただきたいのですが、宜しいでしょうか。

島田

H11バルブか~?僕もよくお客さんに聞かれていたよ。H8やH16との互換性はあるのかって。

それらを踏まえて、H11バルブについて説明するよ。

ハロゲンバルブの「H11」は、内藤君の認識の通り、ハロゲンバルブの一種でシングルフィラメントバルブです。ちなみにバルブ定格は、「12V 55W」で主にヘッドランプのロービームやフォグランプに使用されています。

ヘッドランプの場合

ロービームは「H11」で、ハイビームは「HB3」という使われ方が多く、HID仕様やLED仕様のクルマの低~中グレードのハロゲンランプ車両向けに使用されることが多いバルブ形状です。

H11のハロゲンバルブでも「暗い」とおっしゃるオーナー様が多いのは、HIDやLEDの明るさに慣れてしまっているか、ハロゲンしか乗られていないオーナー様はヘッドランプが黄ばみ、光軸がズレ、そもそも色味が淡黄色だから暗く感じるのかもしれませんが、そもそもH11はハロゲン球の中では消費電力が55Wということもあり比較的明るいバルブです。

搭載車両としては、一部メーカーにしか採用されていないH16バルブと異なり、国内メーカーであれば、どこのメーカーでも使用されています。比較的に多いのは、セダン、ミニバンが中心です。ちなみに、軽自動車であれば、「H4」が圧倒的に多いです。

フォグランプの場合

ヘッドライトと同じバルブ定格が「12V 55W」ということあり、H16バルブ「12V 19W」と比較しても明るめのバルブです。よくこの手の話になると互換性を気にされることが多いですが、ハロゲンバルブ単体であれば、「H8」,「H11」,「H16」等はそれぞれの互換はありません。

なぜなら、ランプの耐熱規定の兼ね合いもあって、ランプが溶ける恐れもあるからです。

後ほど、説明しますが、互換用LEDバルブに関しては、消費電力の少ないLEDを使用するから互換は可能となります。

互換性についてのおさらい

バルブ定格が異なり、ランプが溶ける可能性があるから、ハロゲンバルブ同士の互換性はありません。LEDについては消費電力が少ないため互換性はあります。

交換するのならLED・HIDどちらがおすすめ

H11LEDヘッドライト

内藤

説明ありがとうございます。基本はハロゲングレードのもので、フォグランプであれば、HIDやLED車両にも使用されているんですね。

ハロゲンの互換に関しては必ずお客様にお伝えするようにします。やはり他のバルブと同様に「H11」に関しても明るくするのであれば、LEDがおすすめでしょうか。

島田

そうだね。ハロゲンのH11を明るくするのであれば、LEDがオススメだね!その理由を説明するよ。

もちろん、HIDもおすすめです。
交換用のHIDキットは他メーカーでも販売されていますが、しっかりしたものを購入しようとすると比較的高額であり、高額のわりに耐久性がLEDヘッドライトと比べて低い場合があります。

そのようなリスク低減の観点からもHIDよりLEDがオススメですが、今の御時世、圧倒的にLEDを求めているオーナー様が多いというのもあります。

おすすめのLEDヘッドライト

内藤

今時はHIDよりLEDですよね。確かに、以前、僕の父がH4互換用HIDキットを購入したとき国内メーカー製ということもあって、かなり高額でだったと言っていた記憶があります。

お客様にもLEDバルブをオススメしていきます。島田さんが選ぶ当社の「H11」用のオススメのLEDバルブってどれですか?

車検等は当社製品であれば問題無いことは分かっておりますのでスペック、技術等の観点からチョイスしてもらえると助かります。お客様に訴求しやすいです。

島田

そうだったんだ。内藤君のお父様もご経験されていたんだね。流行もあるけど、LEDの方が省エネだし、車検等の配光も考えると断然オススメだ。僕が選ぶ「H11」用LEDバルブの製品か~。そうだね。。。やはりハイスペックモデルのモノかな!品番でいうと『WL010』。

ハイスペックモデルのLEDヘッドライトは、標準タイプよりも明るさを求めている方向けの商品です。標準タイプと異なり使用しているチップの形状がことなります。

その為、マルチリフレクターのヘッドランプの車両ではカットラインがでないので「フォグランプ」「ハイビーム」への使用のみとなります。

どのくらい明るのかというと、ハロゲンの約3倍くらい明るいです。車検テスターにおけるカンデラ値でも実証済となりますので安心して使用いただけます。製品について詳しくはこちらでまとめておりますので、気になる方はご確認ください。

【LEDヘッドライトあるある】高ルーメンだけど使ってみると暗くない?

【明るさが続くLED】と【暗くなるLED】の一番の違いとは?

国産LEDヘッドライトの製造現場に潜入

LEDの種類が多すぎ!明るいLEDヘッドライトを選ぶには ルーメン数、ワット数、ケルビン数、何を見ればいいの?

内藤

ご説明ありがとうございます。そうですよね。やっぱり、ハイスペックモデルを推しますよね!僕が普段使っているハイエースにはハイスペックモデルを入れてます。めちゃくちゃ明るいです。

地方の田舎道も運転が楽です。この明るさをもっとお客様にも味わってもらいたいですから!!値段の方も比較的良心的ですね。決して安くない製品だからこそ、ちゃんとしたものを選んでもらいたいです!

島田

これからもお客様のニーズ吸い上げのためにもしっかりと当社製品をPRしていってね!

内藤君の言うように、クルマにおいて、ヘッドランプやフォグランプって重要保安部品だから本当に安全安心なものを選んでおかないと事故を起こすリスクになるから、タイヤメーカーさんでなないけど、「ちゃんと買い」をしてもらう必要があるんだ。

そこを十分理解してくれている内藤君であれば心配ないと思う。

内藤

ありがとうございます。そこまで僕を見てくださっていて恐縮です。こちらこそ、これからもよろしくお願いします!
   
TOP