日本ライティングBlog

トヨタ ヤリスクロス MXPB10

ヤリスクロスのフォグランプを明るくカスタムしよう

アイキャッチ引用元:松ちゃんおじさん様

こんにちは。
日本製LEDヘッドライトの日本ライティング内藤です。

ヤリスに続き、ヤリスクロスが2020年8月31日に発売が開始されると、瞬く間に大人気車種となりました。ヤリスをSUV風にしただけでなく、アクティブに本格的なアウトドアにも使用できることも見逃せません。

そこで、ヤリスクロスはどんなクルマなのか、その魅力に迫るとともに、カスタムについてもご紹介します。

ヤリスクロスは、どんなクルマ?

内藤

先日ビッツあらためヤリスが登場したと思ったら、SUVデザインのヤリスクロスが発売されましたね。なんかカッコよくて買おうか迷ってしまっていますが、ヤリスも捨てがたい気もします。

気になるんですが、ヤリスクロスはSUV風のコンパクトカーなのでしょうか、それとも本格SUVに属するクルマなのでしょうか。

島田

ヤリスクロスは大きさも日本の道路で手ごろだし、エクステリアデザインもワイルドで本当にかっこいいよね。でも、SUV風ではないんだな。意外に本格的に悪路走行出来たりもする優れたSUVなんだ。

その辺を少し紹介してあげよう。

ヤリスクロスは、車両本体価格で200万円を切る価格帯から用意されており、デザインの良さとコンパクトボディがユーザーの心を掴んだと同時に、購入しやすい価格帯も手伝い、現在でも4か月から5か月の納車待ち(2020年11月現在)という人気ぶりです。

ヤリスクロスの特徴は、ガソリンモデルとハイブリッドモデルの2本立てで、2WDと4WDの2タイプをそれぞれのパワーユニットで選ぶことができます。

ただし、この駆動方式の4WDシステムは、ガソリンモデルとハイブリッドモデルとでは大きく異なり、ガソリンモデルにはRAV4で採用されたマルチテレインセレクトという、ぬかるんだ道路やごつごつした岩場のような道路の走行も出来る本格的なSUVとしての使い勝手もあります。

ハイブリッドにはe-Fourを搭載しており、TRAILモードを選択すれば悪路走行も可能ですから、特に一般の使い方でガソリンモデルと比較しても悪路走行性能に大きな差を見出すことはないことでしょう。

ヤリスクロスは、ワイルド感が高い見かけだけでなく、ランクルやRAV4で培った4WD技術が生きていることから、本格的にアウトドアを楽しむことができるSUVといえるでしょう。

内藤

ここまでの説明で、ヤリスクロスに心が傾きました。やっぱり見せかけではないSUVというのが魅力ですね。

島田

SUVならやっぱり、ある程度走破性がなければつまらないからね。

ヤリスクロスとヤリスはどう違う?

内藤

ヤリスクロスは、4WDを選べばかなり悪路走行も楽しめそうですし、雪道もかなり頼もしそうです。という事はヤリスとはかなり異なる方向性のクルマという事でしょうか。

島田

そうだね。クルマだけの性能を見ても全く別のクルマかな。車体の大きさもヤリスクロスのほうが大きいしね。

内藤

ヤリスクロスのほうが大きいのですか!

島田

ヤリスクロスのほうが一回り大きいかな。でもコンパクトSUVとしてはホンダのヴェゼルやマツダCX-30あたりと全幅は同じぐらい。全長はフィットクロスターとCX-3の中間ぐらいかな。

内藤

という事は、それほど大きなSUVではないですね。

島田

もともと、ヤリスがベースだからね。じゃあ、ヤリスとヤリスクロスの決定的な違いを解説しよう。

エクステリアデザインを見ると、キャビンを小さく見せたヤリスがスポーティ―なコンパクトカーであるのと対照的に、前後バンパーアンダーやサイドステップ、そしてフェンダーアーチに樹脂を使用して頑丈な佇まいを演出するヤリスクロスは、全く別のクルマと感じさせられます。

しかし、ヤリスとは共通のプラットフォームを使用し、ヤリスと同じ先進技術も搭載していますから、ヤリスのSUVバージョンであることは間違いありません。

ホイールベースのサイズを比較すると、ヤリスクロス2,560mmヤリス2,550mmとなっており、10mmヤリスクロスのほうが長くなっています。これが車内の広さにも直結しており、ヤリスクロスのほうが後部座席に広く座ることが可能です。

ヘッドライトもデザインが異なるのと同時に、ヤリスが三眼LEDヘッドライトとハロゲンヘッドライトの2種類を採用していますが、ヤリスクロスは二眼LEDヘッドライトとハロゲンヘッドライトの2種類です。

LEDデイタイムランニングライトの位置も異なり、ヤリスクロスはバンパーの両サイドに配置されますが、ヤリスではヘッドライト内に配置されます。

内藤

名前は同じでも色々と異なるんですね。

島田

そうだね、インテリアもかなり違うからね。でも基本はヤリスには違いないから共通部品も当然あるよね。

ヤリスクロスをカスタムしよう


内藤

ヤリスクロスは、デザインもカッコ良いので、そのまま乗れますね。でもクルマ好きとしては自分好みにカスタムしたいところですが、すでにパーツなんかは販売されているのでしょうか。

島田

ヤリスクロスの発売と同時に、メーカーからカスタムパーツがかなり多くラインアップされているよね。

内藤

やっぱり純正カスタムパーツが安心ですが、純正パーツではどうしても個性の表現に限界があると思いまして。

島田

たしかに社外品が多くなれば、個性を出せるようになるだろうね。それじゃあ、メーカー純正カスタムパーツや社外品のカスタムについて解説するよ。

メーカー純正でカスタムするメリット

ヤリスクロスのリリースと同時に、アクセサリーパーツとしてカスタムできるパーツが販売されています。

メーカー純正でカスタムする最大のメリットは、フィット感が良いことから後から付けましたという感じに仕上がらない点でしょう。

特に、GRパーツやモデリスタといったメーカー直径のカスタムパーツを外装に取り付ける場合のフィット感は素晴らしいといえます。

また、ライト類も、ナンバーフレームサイドにブルー光のLEDサイドランプやLEDフォグランプをオプション設定するなどしています。また、LEDフォグランプは、最近トヨタで流行の白色と黄色にランプ色を切り替えできるバイカラーLEDフォグランプを設定しており、ユーザーの好みに合わせてカスタムする幅が広がっています。

内藤

トヨタ純正アクセサリーも昔より充実しましたね。純正アクセサリーがあればアフターパーツでカスタムする必要がないようにも感じさせられます。

島田

でもそこは純正。どうしても万人受けしやすい仕様となっているよね。だからフォグランプにしてもせっかくLEDなのに思ったほど明るくないといった話もちらほら聞こえてくるよね。

社外品でカスタムするメリット

クルマのカスタムパーツは、長年に渡り社外品として様々なパーツメーカーが開発、そして販売をおこなってきました。当然ヤリスクロスもアフターパーツとしてカスタムパーツが各メーカーから数多く販売されることが予想されます。

現時点では、ヤリスクロスが登場して間もないことから、ほとんどヤリスクロス専用のカスタムパーツの販売はありません。しかしそんな中、純正カスタムパーツでは得られない魅力を持つカスタムパーツの販売も少なからず見られます。

社外品カスタムパーツの魅力は、純正より性能をアップさせるパーツや、純正では得られないデザインを持つパーツが購入できることでしょう。そして、多くのカスタムパーツが販売されるようになれば、組み合わせで自分好みにヤリスクロスをカスタムできる魅力があります。

ヤリスクロスのフォグランプもカスタムできる

内藤

ヤリスクロスには、これから多くのカスタムパーツの販売が期待できるのでしょうか?

島田

今のヤリスクロスの人気を考えれば、多くのアフターパーツメーカーはヤリスクロス専用品を販売してくるだろうね。でもすでにヤリスクロスのLEDフォグランプはカスタムできるよ。

内藤

でもヤリスクロスのLEDフォグランプは、灯具一体式なので難しいのでは?

島田

それが日本ライティングからはすでに対応品があるんだよ。その辺を解説するね。

ヤリス専用設計のパワーアップキットが取り付けられる

純正LEDパワーアップキット

ヤリスクロスには、LEDフォグランプを標準装備するモデルはなく、全てのグレードが販売店オプションとなっています。

この販売店オプションでLEDフォグランプを装着した場合、日本ライティングが販売している純正LEDフォグランプ用パワーアップキットが取り付けられます。

純正LEDフォグランプより約2.5倍の明るさを可能としており、白色タイプと黄色タイプのどちらかを選んで取り付けることが可能です。

日本ライティングのLEDパワーアップキットは、専用設計なので通常のバルブ交換と同じ要領でパワーアップキットに取り換えが可能です。また、ファンタイプとなるので純正品よりも明るくできるように設計しております。

純正では得られないフォグランプの明るさを手に入れたい場合は、おススメです。

内藤

ようやく、販売されましたね。

島田

そうだな。すでにこのパワーアップキットは、多くのトヨタやレクサスに用意されているんだよ。自分のクルマが対応しているか一度日本ライティングのホームページを確認するとよいよ。

内藤

ヤリスクロスのような新型にも素早く対応しているなんて凄いですね。今回も色々とありがとうございました。

まとめ

ヤリスクロスは、ヤリスをコンパクトSUVにしたモデルで、価格と使いやすい大きさ、そして独創的なスタイルから発売以来高い人気を誇っています。

現在の各自動車メーカーは、昔とは異なり多くのカスタムパーツを純正アクセサリーとして販売していますが、純正品は性能をそれほど高めた商品は少ないので、アフターパーツとして販売が待ち遠しい人も多いでしょう。

そんな中、すでにLEDフォグランプがカスタムできるLEDパワーアップキットは、クルマ好きの注目商品となること間違いないでしょう。

純正LEDパワーアップキット

   
TOP