日本ライティングBlog

  • TOP
  • FAQ
  • 【ドラレコQ&A】走行中のモニター使用は良いの?

【ドラレコQ&A】走行中のモニター使用は良いの?

内藤

ドラレコって走行中の前方視界を映像として出力してくれる機器ですよね?

島田

そうだね。ドラレコの機能として、映像記録はもちろんだけど、モニターが付いているタイプや映像を出力するナビ、スマホがあれば走行映像をリアルタイムで出力する事も可能だね。

内藤

ミラータイプは後方映像を、デジタルインナーミラーとして出力する事も可能ですもんね。

島田

そうだね。鏡じゃないから室内を映す事無く後方視界を確保する事ができるね。

内藤

そこで質問を頂きました。雨天時や霧の日など、目視で前方視界が見にくかったり、暗いところから明るいところに出た時に前方視界が見にくくなったりする事があるかと思いますが、その時にドラレコのモニターを確認しながらの走行は可能なのでしょうか?

島田

ドラレコの映像を頼りに走行するという事かな?

内藤

最近ではモニターが大きいものもありますし、白飛びも少なく鮮明に前方視界が映るので良いかなと思うのですが。

さて今回の質問内容は、走行中にドライブレコーダーの映像記録をもとに走行が可能なのかという内容です。ちなみにこのような大型のモニターを搭載したドライブレコーダーのようです。




引用元:Yahoo知恵袋

確かに走行していると、太陽光の関係や、トンネルといった明るさが急激に変化するところ、雨天時や、濃霧と、降雪といった自然環境により、前方視界が見にくい。なんて事を経験した人は多いと思います。

その気持ちは理解した上で、明確な回答をさせて頂きます。

走行中の映像等の注視は絶対にしないでください。これは私のお願いではなく、れっきとした法律違反となります。具体的にお伝えすると、道路交通法第71条五の五に違反する事になります。

 
道路交通法第71条五の五
 
引用元:道路交通法第71条五の五

こちらは運転者の遵守事項として、走行中における、携帯電話の使用や映像の注視を禁止しています。今回の質問の場合、前方映像を確認しながらの走行をしたいとの事ですが、これはできないという事になります。

あくまでもモニターというのは、停車中に使用する事を心掛けましょう。

また法律以外にもモニターを確認しながらでは危険な理由があります。

それは、モニターに出力される映像というのはリアルタイムのように見えますが、実は若干のタイムラグがあるという事です。

カメラで撮影された映像データが本体内部で処理され、モニターに出力される為このような事が起きます。このタイムラグというのは、ほんの少しですが、走行環境というのは刻々と変化します。

例えば時速60km/hで走行していた場合、秒速に換算するとたったの1秒で約16mも走行する事になります。モニター越しの走行が、いかに危険かが分かるかと思います。

一部、前方映像が確認できるカメラとして、フロントビューモニターや、車両を上空から確認できるパノラミックビューモニターなどがあります。

しかしこれらは駐車中のサポート機能と認識しましょう。

自動車で走行するという事は、常に走行環境が変化し、危険と隣り合わせです。しっかりと交通ルールに則り、安全運転を心がけましょう。

   
TOP