日本ライティングBlog

ドライブレコーダー種類

そのドラレコで大丈夫!?まずはドライブレコーダーの必要性を知ろう

こんにちは。
日本ライティング内藤です。

あなたはカーディーラーやカー用品店に足を運んだ事はありますか。

昨今、ドライブレコーダーの需要は右肩上がりで増加していて、よくニュースで自動車事故の映像やあおり運転の映像が流れていますが、それらの映像のほとんどがドライブレコーダーによる撮影のものです。

客観的な映像を見てもし自分が被害にあったらと思うと、どうしても気になりますよね。

そういった背景から自動車販売店、カー用品店だけでなく家電量販店やネット通販サイトでも取り扱いが増えてきています。そんなドライブレコーダーですが、色々な種類から自分にあったものを選ぶことはできているでしょうか。

せっかくなら、自分の必要としているものを選びたいですよね。そこで今回は、ドライブレコーダーがあなたにとって必要なものなのか。または、どういったものが必要なのか。について解説していきます。

こちらをご覧いただくことで、自分に合ったドライブレコーダーを見つけることができますよ。
それではどうぞ。

目次

そもそもドライブレコーダーとは

ドライブレコーダー必要性

内藤

僕の知り合いがドラレコを購入したいと言ってるんですが、うちで販売を促進しているドラレコでいいですよね?

島田

うちの商品を購入してくれることはありがたいんだが、その方はどういった目的でドライブレコーダーが欲しいのかな?

内藤

え!?それはもちろん事故した時の証拠や、立証を優位に進める為なんじゃないんですか?

島田

おいおい俺に聞いてどうするんだ!ドラレコと言っても、そのお客様によって取り付ける理由は多種多様なんだ。必要性について詳しく解説するよ。

1-1.ドライブレコーダーの必要性

ドライブレコーダーとは、自動車のフロントガラスなどに取り付けられている車載カメラの事です。車両前方(物によっては後方や側面)の道路状況を記録し、万が一の時に、その一部始終を記録することができます。そういった意味ではドラレコって保険みたいですよね。

主な役割は、以下の2点です。

  • 事故などの状況を記録することで、事故処理を円滑に進める。
  • 事故映像を客観的に確認することで安全運転に寄与する。

よく「ドライブレコーダーを取り付けたから安心」という事を聞きますが、ドライブレコーダー自体には、事故そのものを防ぐ能力は備わっておりません。皆様も安全運転は常に心がけましょう。※一部、車線の逸脱を警報してくれるといった予防安全機能が備わったタイプもあります。詳しくは後程解説します。

カー用品の中で、なぜドライブレコーダーが多く選ばれている?

カー用品は、自動車に新たな機能を追加するものや、見栄えをよくするもの。他にも、車内空間を快適にするものや、性能を向上させるものなど。様々な商品が世の中に出回っております。その中でも特に人気なのが、ドライブレコーダーです。

一昔前なら、カー用品店にはドレスアップ商品が並び、いかに車をかっこよく魅せるか。というようなドレスアップパーツが多く置かれていました。しかし、今現在は、安心・安全をコンセプトにしたものが目玉商品として見やすいところに置かれています。

何故でしょうか。

一つは、自動車の用途が変わってきている事です。昔はかっこよくて、よく走る車が人気でした。そこから時代は変わり、よりエコで・安全で・快適な車が人気上位を独占してます。

つまり時代のニーズが安全性能を求めてきているのです。

そしてもう一つは、冒頭でもお伝えしたように、あおり運転などの社会問題も相まって、需要が拡大しているのです。

中には意外な理由でドライブレコーダーを取り付ける方も!?

ドライブレコーダーは映像を記録するという点から、「ドライビング記録を残す」「遠くに出かけた思い出を残す」という使われ方をする方もいらっしゃいます。最近ではカメラ自体の性能が上がり、フルHDで撮影できる機器も多いです。

中には旦那様の行動を記録したいから、、、なんて事も。

社会問題とドライブレコーダー

ドライブレコーダーと社会問題

内藤

知り合いがなぜドラレコをつけたいのか聞いてきました。

島田

そうか。で、どんな理由だ?

内藤

はい、先日、あおり運転被害を受けたみたいです。相当怖かったんでしょうね。その日のうちに、ドラレコの相談がありましたよ。

島田

なるほど。そういったニーズにお応えする為、君ならどのドラレコをお勧めする?

内藤

もちろん、前後方2カメラ搭載のドラレコです!これだったら前も後も監視してばっちりですよ!「ドライブレコーダー記録中」みたいなステッカーも貼ったら完璧です。

島田

なるほどね。ではあおり運転者が並走してきたり、幅寄せしてきたらどうする?

内藤

ドラレコでは、、、記録できないです。

自動車の運転中に起きる様々なトラブル、ドライブレコーダーは活躍する?

車を運転していると、いたるところに危険が潜んでいます。皆様も一度はヒヤッとした経験があるのではないでしょうか。中でもあおり運転は社会問題として、よく話題に上がっております。あおり運転とは、他の車両等の通行を妨害する目的で、急ブレーキ禁止違反や車間距離不保持等の違反を行う事です。

そういった危険に対して、ドライブレコーダーの取り付けは、とても有効です。令和2年6月30日からあおり運転の取り締まりが施行させ、その立証にドライブレコーダーの映像は、客観的事実として有効な材料となります。

そのような点からも、十分に取り付けの必要性があると言えるでしょう。

ただ、会話の中でもあったようにカメラの位置や向きによっては、記録できない領域がある事も覚えておきましょう。

運転中だけじゃない!?駐車中の車に起きるトラブル

駐車中のいたずらや窃盗といった問題もよく耳にします。いわゆる車上荒らしです。その一部始終を記録できるとして、ドライブレコーダーが有効となる場合があります。

ただ、注意しないといけないのは駐車監視機能がある物を選択する必要があります。
※機能は後程解説します。

また、駐車中に起きるトラブルとして当て逃げがあります。これに対しても駐車監視機能付きのドライブレコーダーは有効と言えるでしょう。

自身の身を守る、搭乗者の身を守るドライブレコーダー

事故画像

島田

あおり運転の心配も分かるが、それも踏まえて、事故した時の記録という意味では、ドラレコは必要だ。という事が分かってきたかな?

内藤

はい!やっぱりドラレコがあるだけでも安心ですよね!

島田

そうだな。ところで事故というのは、どういった状況で発生しやすいか、知っているか?

内藤

そりゃもうクシャクシャになった映像をニュースで見る限り、正面衝突なんじゃないですか?だから、ドラレコのカメラって車両前面に取り付けられているんですよね?

島田

実はそうじゃないんだ。

事故から学ぶ、ドライブレコーダーの必要性

事故類型別交通事故発生件数

「事故類型別交通事故発生件数 H30年」
参照:内閣府HP

こちらのグラフは、交通事故がどのような形態で発生しているかがわかる、「事故類型別交通事故発生件数」という指標です。内訳を見てみると、「追突」と「出合い頭衝突」が過半数を超えています。

つまり、自分が被害者となった場合、事故は車両後方、もしくは側方で起きる事になります。このデータを見て、ドライブレコーダーを選ぶとすると、どうでしょう。

おそらく、フロントカメラのみだと、足りない事が分かると思います。万が一の備えとして、ドライブレコーダーを検討されているのであれば、少なくとも2カメラの物や360度見渡せるタイプが必要でしょう。

やった!やってない!?証言よりも、客観的事実を伝えるドライブレコーダー

事故にあった方から、このような事を聞いたことがあります。

「相手は絶対、よそ見をしていた!左手に何か持って!事故した時も平謝りしてきたのに。事故処理の時には、そんな事はないと告げられ過失割合が半々なのよ!信じられない!」

この方は、その日のうちにドライブレコーダーを購入されました。事故が起きると必ず、事故処理を行い、過失割合を協定することになりますが、やはりもめることもあるようです。

「やった!やってない」という当事者同士の証言よりも、映像というのは、客観的な事実を映し出すことができます。そういった意味でも、取り付ける必要性はあると言えるでしょう。

それ、本当に必要?ドラレコ機能の「いる、いらない」

ドライブレコーダーの機能

内藤

先輩ひとついいですか?ここまで話を聞いて思ったんですが、万が一に備えて、ドラレコって必要な物なんですよね?

島田

すごく簡単にまとめてくれたね、、、でもそういう事になるかな。

内藤

それだったら、いろんな機能が備わってて高性能なカメラが断然いいですよね!

島田

実はそうとも限らないんだ。要は、「お客様が何を求めているのか」をしっかり把握することが大切だな。

ドラレコはその人気から様々なメーカーが参入し、それぞれ特徴や機能を付与している。お客様は選択の自由が増える半面、選びにくくなっているのも事実だな。いくつか見てみよう。

フロント・リア2カメラ搭載!後方を撮影する事のメリットとは!?

リアカメラなどで後方を撮影する事のメリットは、追突事故の被害にあった場合に、後方映像を記録できる点です。事故形態の上位となっている「追突」ですが、この映像を撮影できる、というのはそれだけで大きなメリットと言えます。また、後方からのあおり運転や、後方からの当て逃げ対策にも有効です。

デメリットは、配線を車両後方から、前方へ引っ張ってくる必要があり、取付け難易度が上がることです。ただ最近では、後方カメラをBluetoothでつなぎ、配線を省略したタイプも登場しています。

詳しくはこちらで解説。

前後方2カメラの必要性について。リヤカメラ搭載で監視レベルが向上する

全方向を監視する360度撮影カメラ!その意外なデメリットとは?

車両の全体を監視できるドライブレコーダーとして人気があります。メリットは、側方衝突や幅寄せ、割り込みを記録できる点です。さらには、ドアパンチなどの、駐車中のトラブルも記録できます。

一見、メリットだらけのように思えますが、カメラ自体はフロントに搭載されている為、車両後方は室内を介して映ります。つまり、後方からのあおり運転の場合、2カメラよりタイプよりも、映像能力は劣ります。

詳しくはこちらで解説。

360度(全方位)カメラの特徴を解説。効果的な組み合わせで記録範囲が大きく変わる

駐車監視機能で離れて安心!ちょっと待って、それ必要?

駐車監視機能とは、エンジンを停止しても映像を記録することができるドライブレコーダーです。その機能により「駐車中常に監視するタイプ」「衝撃を検知した際に一定時間記録するタイプ」「人や車の動きを検出して記録するタイプ」があります。

メリットは、当て逃げ、いたずら、車上荒らしに対して記録ができる点です。デメリットとしては、電源が切れている状態での監視になりますのでバッテリの消耗が激しくなります。

つまりこの機能は、車上荒らしや、当て逃げの対策が必要かで、判断されるとよいでしょう。ただし、現在主流の車は、自動車自体がネットとつながり、車上荒らしなどを検出すると警報を鳴らしたり、警備員を派遣することができる機能もありますので、取り付ける自動車の性能を理解したうえで検討されることをお勧めします。

詳しくはこちらで解説。

https://zwebonlinestore.com/blog/drive_recorder/4710

旅の思い出を記録するなら「静止画記録」の機能は必要か!?

ドライブレコーダーを取付ける理由の中には、趣味で記録したり、旅先の風景を撮影するという場合もあります。そのような方は前方のみのカメラで、さらに画素数も高画質な物を選ぶ傾向にあるようです。

その中で確認したいのが、静止画記録機能です。こちらは手動でシャッターを切るカメラの機能を有しているものです。

メリットとしては、ボタン一つでシャッターを切れる事としっかりと固定されている為、ブレが少ない事などがあげられます。ただし、走行中にボタンを押す事は危険であり、実際に使用する機会は、多くは無いようです。

あくまでも、付加機能と認識していた方が良いでしょう。

スマートフォン連携でモニターレス!モニター付きとどっちがいい?

ドライブレコーダーを取り付ける際、その映像を出力する媒体として、モニター付きを選ぶ方が多いです。メリットとしては、記録した映像を即再生できる点です。

特に事故状況を警察の方が確認する際は、操作が楽で通信不良も気にせず、映像を見せる事が可能です。それに対しスマートフォンで出力するタイプも多く販売されています。

記録した映像をスマホに映し出すことで、ドライブレコーダー本体のサイズを、小さくできるメリットがあります。カメラにモニターがない分、視界を広くとる事ができ、かつ見栄えも良いですが、スマホの操作に慣れていないと、万が一の時にせっかくの映像を確認できない場合があります。

安心機能は必要?不要?

ドライブレコーダーは、カメラの機能にプラスして、「車線の逸脱を警報する機能」「前方車両の発進をアナウンスする機能」「進入禁止標識を通知する機能」など、色々な予防安全機能が備わっているものがあります。

予防安全機能は、事故を未然に防いでくれる機能として自動車メーカーも力を入れている箇所ですので、機能自体はメリットだと言えるでしょう。ただ最近の車両は、同じような性能を有している事が多く、ドライブレコーダーの機能が発揮できない事もあります。

よってこのような機能は、取り付ける自動車の性能を、理解したうえで判断しましょう。

GPS機能搭載!いったい何が変わる!?

GPSとはグローバルポジショニングシステムの略で、皆さんもご存じの通り、衛星を用いて、地上の地点を特定する機能になります。

主な使用用途として、自動車のカーナビなどで自社位置を特定し、ナビ画面に出力する際に使用されています。ドライブレコーダーにこのGPS機能が搭載されていると、位置情報と時間の情報を入手する事ができるようになります。

よって、ドライブレコーダーの設定画面でいちいち時間の設定をする必要が無く、時間がずれる事もありません。これにより、万が一事故やあおり運転被害にあった場合でも、正確な時間を把握する事ができるのです。

また、位置情報を衛星から取得する為、走行ルートや事故したポイントを知る事ができます。専用のソフトビューアやスマートフォンを使用する事で確認できます。

さらに、位置情報の移動量から車速を割り出す事ができる為、速度がどの程度出ていたのかを把握する事が可能です。GPS機能があると、知り得る情報量が格段に増す為、ぜひ検討される事をお勧めします。

しかし、GPSでの通信が必要となる為、トンネル内や、高架下、ビルに挟まれたような場所だと、衛星が十分な測位が行えず、情報を収集できない場合がある事も理解しましょう。

また最近では、フロントガラス上部に、予防安全装置のカメラやレーザーが設置されているケースが増えてきています。場合によってはGPS電波がノイズ干渉し、ドライブレコーダーを取り外さないといけない事もあります。

よって、周辺機器の存在に注意しつつ選びたい機能となります。ノイズ干渉は、実際に取り付けてみないと分からないケースも多い為、不安な場合は事前に自動車販売店へ相談されると良いでしょう。

音声録画機能をOFFできる!?ONする利点とOFFする利点とは!?

ドライブレコーダーは、走行中の映像を記録する事が目的ですが、映像とともに音声も録画する事ができます。しかし、ドライブレコーダーの設定を確認するとほとんど全ての機種で、音声録画機能をON、OFF切り替える事ができます。
それぞれのメリットは何か。違いを知り、自分に合った機能とされる事をお勧めします。

音声録画機能をONにして使用する

音声を録画するメリットは、何といっても、その場の状況を視覚的にも聴覚的にも把握する事ができる点です。

昨今はあおり運転が深刻化しており、場合によっては相手が車両から降りてきて、恫喝や暴行といった卑劣な犯行が後を絶えません。皆さんも一度はテレビなどで見た事があるでしょう。

そいった相手とのやり取りや、事故の衝撃度合いを音として記録する事ができるのが最大のメリットでしょう。

音声機能をOFFにして使用する

車内空間は比較的自由な空間として、利用されています。そういったプライバシーの観点から音声録画をしないで使用する方もいらっしゃいます。

従業員が、プライベートな会話を録音されている事に、抵抗を抱く事も多い為、特に社用車で音声をOFFする使い方が多いです。

音声録画機能はONとOFFによってメリットデメリットが逆転する為、ご自身の場合はどちらが良いか考え、設定をしてみて下さい。なお初期設定としては、音声も同時に録画する仕様になっている事がほとんどです。

スモークシースルー機能とは!?最近登場した新機能

皆さんの愛車によっては、重要となるこのスモークシースルー機能。こちらは比較的最近登場した機能になります。

ガラスを見て頂くと分かりますが、車種によっては、フロントガラス以外が見えにくいプライバシーガラスや、スモークガラスとなっている車両があります。

※道路運送車両法によって、フロントガラスの透過率は指定されています。

これらのガラスが使用された車両にリヤカメラを設置すると、後方の映像がプライバシーガラス、スモークガラスによって、見えにくくなる場合があります。

せっかくリヤカメラを設置しても、ガラスの仕様により見えにくくなっては本来の性能を発揮できません。

このスモークシースルー機能は、段階的に明るさを変更し、後方映像を鮮明に撮影する事ができる機能です。よってこちらの機能は、ご自身の愛車を確認し、必要な際に検討する機能と考えましょう。

ドライブレコーダーもつながる時代!?通信利用型ドライブレコーダー

ドライブレコーダーの役割をもう一度確認してみましょう。ドライブレコーダーは万が一の際の映像記録が目的で、事故や、あおり運転そのものを無くす機能はありません。

※場合によってはカメラの存在があおり運転を抑制する場合があります。つまり、ドライブレコーダーが搭載されていても、事故そのものは無くならないのです。

しかしこちらの通信利用型ドライブレコーダーは、走行中の映像をクラウドへ送信し、一括管理する事が可能です。

そのデータから、運転の傾向を解析し、安全運転に繋がるようアドバイスをしてくれたり、万が一事故した時の位置を瞬時に確認したりする事が可能です。

こちらの機能は、クラウドにデータを蓄え、解析が行える点から、個人での使用というよりも、法人での使用を目的として登場しております。

個人で使用できる通信利用型のドライブレコーダーは、各種保険会社が販売している、保険型のドライブレコーダーです。

こちらも同じようにデータの解析を行う為に、データを収集する他、万が一事故した際に、通信を利用して、直接保険会社へ連絡できるなどメリットは多いです。

しかし通信ができなくなるような場所(山奥やトンネル内といった電波が入らないところ)では、機能が十分に使えず、利用料も高いといったデメリットがあります。

詳しくはこちらで解説。

事故を未然に防ぐ!?通信利用型ドライブレコーダーの魅力!

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は色々な観点から、ドライブレコーダーの必要性と機能の必要性を紹介しました。自動車事故やあおり運転は、車を運転するうえで今後遭遇する可能性は十分にあります。

そのようなリスクに備えるという点では、ドライブレコーダーの取り付けは有効であり、必要でしょう。プラスアルファとして、駐車監視は必要に応じて機能を追加することをお勧めします。

その他の機能は、取り付けたい目的を明確にしご自身に見合ったドライブレコーダーを選んでみてくださいね。弊社で販売しているドライブレコーダーもありますので、ご興味があれば御覧ください。

ドライブレコーダー

   
TOP