日本ライティングBlog

  • TOP
  • コーティング
  • 【コーティング前の洗車テクニック】こびり付いた鳥の糞と虫の死骸の落とし方
鳥の糞、虫の死骸を落とす

【コーティング前の洗車テクニック】こびり付いた鳥の糞と虫の死骸の落とし方

こんにちは。
日本ライティングの内藤です。

クルマを野外に駐車していると、気が付いたら鳥の糞に見舞われてショックを受けたことがあると思います。

また、夏の夜の高速道路。

虫がクルマに付着し、翌朝、その光景に頭が痛くなったこともあるでしょう。

鳥の糞も虫の死骸も早めに落とさなければ、落とすのが大変になり、落とせないからと強引に落とすとキズが付いてしまいます。

では、どうしたら鳥の糞と虫の死骸をキズを付けずに綺麗に落とすことが出来るか、詳しくお伝えいたします。

今回もカスタムから鈑金、コーティングの数々をお客様にしてきた自動車業界に30年以上携わる小泉さんに解説していただきました。小泉さんについてはこちらを御覧ください。

落としにくい鳥の糞と虫の死骸

鳥の糞、虫の死骸を落とす

内藤

クルマを所有していて悩みの種が、鳥の糞害と虫の死骸がこびり付くことじゃないでしょうか。

この前もお客さんがフロントバンパーからフロントガラスまで虫の死骸を付けていました。

洗車の話になった時に、「虫の死骸や鳥の糞を簡単に落とせる方法があれば、すごくいいのに」といわれ、返す言葉が見つかりませんでした。

もし何か良い方法を知っていれば、教えて頂きたいのですが。

軽トラマニア小泉

確かに虫の死骸や鳥の糞は、こびり付いていると嫌になるよね。しかも直ぐに洗車できればいいけど、仕事の都合でそうもいかない場合もあるしね。でも放置するのは塗装に良くないことは知っているよね?

内藤

えっ!そうなんですか。

軽トラマニア小泉

だめだなぁ。鳥の糞や虫の死骸が塗装に付着したままにしておくと、塗装にダメージを与えることもあるんだ。

まずは、その辺から汚れのメカニズムを解説するよ。

放置すると塗装にダメージを与える

鳥の糞も虫の死骸も、塗装面にこびりついて悪戦苦闘した人も多いでしょう。これらの物質が塗装面に固くこびり付く理由は、生物由来のたんぱく質が関わっています。

実は、このたんぱく質の性質を使い、強固にくっ付いている生物がいます。それは、海中に住んでいて、海の岩場や防波堤などでよく固くくっついている、フジツボやイガイといった貝です。

鳥の糞も虫の死骸にもタンパク質が多く含まれているので、塗装面に付着すると接着剤で接着したように固着します。

そして問題なのが、鳥の糞や虫の死骸に含まれている成分です。

どちらも多種類の成分が含まれていますが、特に鳥の糞には尿酸、虫の死骸にはリン酸が含まれており、これらの成分が塗装被膜に悪い影響を与えます。

しかも、この汚れは酸性のため放っておくと塗装表面を浸食して陥没させ、最悪は塗装表面にクラックが発生します。

内藤

そうなんですか!鳥の糞や虫の死骸には接着剤の成分が含まれ、それも酸だったなんて。

軽トラマニア小泉

普通の汚れであれば、次の洗車時に落とせば問題が無いことが多いけど、鳥の糞や虫の死骸は、出来るだけ早く落としたほうが良いよね。

鳥の糞と虫の死骸の落とし方

内藤

鳥の糞や虫の死骸を、出来るだけ早く落としたほうが良いことはわかりましたが、付着してから、数日経過しただけでも取り除きにくいじゃないですか。

何か良い方法はないでしょうか。

軽トラマニア小泉

通常の洗車で慌てずに落とすことが基本だよ。それじゃあ、鳥の糞と虫の死骸に分けて、取り除き方を詳しく解説するよ。

鳥の糞、虫の死骸を落とす

鳥の糞の落とし方は最初に水をたっぷりかけてふやかす

鳥の糞、虫の死骸を落とす

鳥の糞が付着に気が付いたら、柔らかいうちならティッシュなどで簡単にふき取る事も可能ですが、鳥の糞には様々な細菌が含まれているので、外出先で手が洗えない状況下でのふき取りは、かなり危険と考えたほうが良いでしょう。

洗車できる場所に移動して落とすのがベストではありますが、クルマを移動している間に、鳥の糞は固く乾燥して簡単に取れなくなっています。

基本的に硬くなった鳥の糞は、大量の水をかけて柔らかくしてから落とすのが基本ですが、暑い日には、直ぐに水分が乾燥するので、乾燥させない工夫が必要です。

カーシャンプーの泡を沢山つけて放置する

乾燥した鳥の糞を、早くふやかすにはカーシャンプーの泡を鳥の糞にたっぷり乗せて放置すると、泡の中の水分が鳥の糞をふやかして取りやすくします。

この他にも、タオルやキッチンペーパーに水分を含ませて放置しても用意でしょう。

ただし、数週間放置した鳥の糞は、意外に強固にこびりついており、接着剤の役目をしているたんぱく質をお湯で溶かさなければ、塗装表面から取り除くことは難しい場合もあります。

軽くマイクロファイバークロスなどで擦って取れれば完了

鳥の糞、虫の死骸を落とす

鳥の糞のこびり付きは、ふやかすことで取り去ることが出来ますが、その時に有効なのがマイクロファイバークロスです。

鳥の糞には小さい砂などが含まれている場合もあるので、強くこすり取ることは塗装表面に傷をつける可能性があります。

そこで、よくふやかしてからキズが付きにくいマイクロファイバークロスで軽く拭き取ります。

鳥の糞、虫の死骸を落とす

マイクロファイバークロスを使用する時は、水に浸してから緩く絞り、マイクロファイバーが水を含んだ状態で使用します。

鳥の糞が柔らかくなっていれば、軽く鳥の糞に当てるだけで直ぐに拭き取りできます。

内藤

鳥の糞はよくふやかすことが重要ですね。

虫の死骸の落とし方は水を最初によくかける

鳥の糞、虫の死骸を落とす

虫の死骸は、虫が大きいほど取り除くのにかなり苦労します。また、走行中に付着し、走行風で乾燥を早めているので直ぐに拭き取ろうとしても、固く乾燥して取り去るのは難しいでしょう。

鳥の糞、虫の死骸を落とす

そこで、虫の死骸をふき取るには、時間をかけてふやかすことから始めます。このふやかす作業が、虫の死骸に含まれる接着剤に役目をしているたんぱく質を溶解させ、剥がしやすくさせます。

キッチンペーパーなどに水分を含ませ貼る

鳥の糞、虫の死骸を落とす

虫の死骸を浮き上がらせるには、水分を含ませる必要があるので、タオルやキッチンペーパーに水分を含ませ、虫の死骸に貼り付けます。

固着度合いや大きさにもよりますが、急がないことがキズを付けずに落とすコツです。

というのも、虫の死骸は柔らかいようでも塗装にとっては固いため、むやみにゴシゴシこするとキズを付けてしまいます。

よくふやかすことが大事

キッチンペーパーなどに水分を含ませ、虫の死骸の部分に貼り付けていても、なかなか柔らかくならず、イライラする人もいるでしょう。

その場合は接着剤の役目をしているたんぱく質を柔らかくするためにお風呂の温度程度のお湯をキッチンペーパーに含ませ5分ほど放置しましょう。

鳥の糞、虫の死骸を落とす

暖かいお湯が、虫のたんぱく質を溶かし、マイクロファイバークロスで簡単に取り去ることが出来ます。

ただし、マイクロファイバークロスにもたっぷり水を含ませることがポイントで、力を入れずに数回に分けて静かにふき取ることがキズを付けずに除去するコツです。

虫除去クリーナーも便利

カー用品店やホームセンターの用品売り場には、虫とりクリーナーが数多く売られています。

そこで、虫とり作業を効率よく進めたいのであれば、ケミカル品を使うのも良いでしょう。

ケミカル用品には、スプレーして虫の死骸に直接吹きかけるものから、拭き取りウェスに薬剤がしみ込ませてありウェスで軽く撫でるようにすれば拭き取れる商品もあります。

内藤

忙しい時にはケミカルを使うのも有効ですね。

軽トラマニア小泉

まあ、クルマ用虫取クリーナーを使えば、かなり簡単に取り去ることが出来るけど、薬剤が強いことが多いから、コーティングをしている場合は、コーティング車対応品を選ばないとね。

鳥の糞や虫の死骸を簡単除去するならガラスコーティング

内藤

やっぱり、簡単に鳥の糞や虫の死骸は落とすことが出来ないですね。対策としては気が付いたら早めに落とすしかないという事でしょうか。

軽トラマニア小泉

まあ、実際問題そうなんだけど、ガラスコーティングしていれば施工していないクルマよりかなり取りやすいよ。

内藤

ガラスコーティングをすれば、そんなに簡単なんですか?

軽トラマニア小泉

塗装表面もある程度守っているから、少し放置していても施工していないクルマより塗装へのダメージは抑えられるしね。

コーティングは素晴らしいよ。それじゃあ、実際にどれだけコーティングしていると取れやすいのか解説するよ。

ガラスコーティングしてあればこんなに簡単

鳥の糞、虫の死骸を落とす

この写真は、ゼウスクリアを施工してあるドアに鳥の糞が付着しています。付着した状態を見ただけでも、通常の鳥の糞の付着とは異なることがわかるでしょう。

水を掛けだけで鳥の糞は溶解をはじめ落ちるのが見て取れます。

内藤

ゼウスクリア凄いですね!やっぱりコーティングは大事というのがわかりました。今回も色々と教えて頂きありがとうございました。

まとめ

鳥の糞や虫の死骸がクルマのボディに付着したら、塗装トラブルを避けるためにも早めに除去するのがポイントです。

しかし、中々時間が取れずに放置してしまうことも有るので、その場合は鳥の糞や虫の死骸をよくふやかし、静かにふき取るようにします。

早く落としたいからと、ゴシゴシ擦ると取ることはできますが、細かいキズを塗装表面に作る可能性が高いことを忘れないようにしましょう。

   
TOP