日本ライティングBlog

ガラスコーティングの効果をより高める道具を紹介

こんにちは。
日本製LEDヘッドライトの日本ライティング
内藤です。

一般的なガラスコーティングのキットには、コーティング施工に必要な商品が含まれていることが多いですが、下地処理の商品は自分で用意しなければなりません。綺麗にガラスコーティングするには、洗車や下地処理が重要になりますから、どのような道具を揃えればよいのか解説します。

ガラスコーティングに必要な道具とは


内藤

友人が、ガラスコーティングにチャレンジするそうで、セット品を購入したというのです。一応洗車して下地処理を行ってからコーティングすることは知っているのですが、どのような道具を揃えればよいのか悩んでいるというのです。

コーティングセット品にも詳しく記載されていいないですし、綺麗に施工するための道具を教えて頂けますか。

社長

ガラスコーティングか。簡単そうで意外と作業は奥が深いよね。だからコーティングのプロがいるわけだよね。まあ、プロと同じ道具を揃えることは現実的ではないけど、一般の人でもコーティングを綺麗にするための道具はいろいろあるね。

内藤

手に入りやすい道具をぜひ教えてください!

社長

わかったよ。でもガラスコーティングは、洗車の段階からいろんな道具を揃えたほうがいいからね。どんな道具がいいか詳しく解説するよ。

ガラスコーティングの前には重要な道具がある

ガラスコーティングを施工する時には、当然コーティングの前段階に行う洗車にも注意しなければなりません。一般に売られているカーシャンプーやスポンジで洗車を完了しただけでは、ピッチ・タールや鉄粉などのほか、細かい部分の汚れも取り除くことができません。

また、コーティング前の下地作りにも電動ポリッシャーといった工具があれば便利なのは言うまでもありません。また、使うコンパウンドも種類が多くあるので、どれを選べばよいのか悩むことでしょう。

特にボディカラーが黒系の濃色車ほどコンパウンド選びには注意が必要となります。

ガラスコーティングの商品のほとんどは、ガラスコーティングを施工するために必要なもの(スポンジとクロス)しか含まれていません。

また、ガラスコーティングによっては、樹脂やゴム類に付着しないよう注意が必要です。そこで、効率よく作業するには、樹脂やゴム類をマスキングする必要もあるでしょう。

内藤

それぞれの作業で、色んな道具がありそうですね。具体的にどんな道具合があるのかぜひ知りたいです

綺麗にコーティングするために必要な道具

内藤

それで、綺麗にコーティングするにはどのような道具を揃えればよいのでしょうか。

社長

それじゃあ、それぞれの作業に応じて必要な道具を紹介するよ。

洗車用品

洗車するときには、カーシャンプーとスポンジ、そして水滴を拭き取るセーム皮を使用しますが、これだけではガラスコーティングを綺麗に施工することはできません。それは、鉄粉やピッチ・タールが落とせないからです。

この他、エンブレムの周りなど、細かい部分の汚れも綺麗に落とさなければ、仕上がりに大きく影響するので、細かい部分の汚れを落とす道具を用意する必要があります。

洗車に便利な高圧洗浄機


高圧洗浄機は、ホームセンターなどで2万円前後にて販売されていますから、1台購入してもよいでしょう。クルマの洗車だけでなく、家の外壁などの洗浄にも使えるので便利です。高圧洗浄機は、ボディ表面の汚れを落とすことはできますが、こびり付いた汚れは洗車用スポンジで洗い流さなければ汚れは取れません。

そのため、高圧洗浄機と通常の洗車用品のセットで使用するようにします。

洗車スポンジ

この投稿をInstagramで見る

ヌードルミットのマイクロファイバーはグリルやホイールエッジまで繊維が届いて洗浄時の泡立ちを良くしてくれます👌🏻 内部が二重になってミット自体の耐久性が上がってます!破れたらもしきくい作り🤙🏻 – – #autofinessejapan #teamaf #autofinesse #detailing #オートフィネス #洗車グッズ #洗車 #洗車用品 #車コーティング #カーワックス #カーコーティング #カーシャンプー #車ワックス #カルナバワックス #カーケア #カーディテイリング #車好きな人と繋がりたい #車好きと繋がりたい #車好き #洗車ミット #洗車スポンジ #車洗浄

Auto Finesse Japan(@autofinessejapan)がシェアした投稿 –


洗車スポンジは、昔ながらの沢山穴が開いた大きめのスポンジから、グローブの形をした手にはめて使用するタイプなど様々な用品が売られています。洗車スポンジを選ぶポイントは、洗う場所に分けてスポンジを使い分けることです。

ボディとホイールを一緒のスポンジで洗う事は、ホイールに付いた砂汚れをボデイに付けて傷をつける恐れが高くなりますし、ボディ用スポンジでは大きくてホイールの細かな汚れは落としにくいため使い分けが必要です。

鉄粉除去

この投稿をInstagramで見る

#鉄粉除去 #粘土 #つるつる

福山智章(@peanuts5go)がシェアした投稿 –


ボディを洗車したのにザラザラした手触りが感じられるときには、鉄粉が付着していることが考えられます。鉄粉除去には、鉄粉除去クリーナーが便利ですが、クリーナーだけでは除去できないこびりついた鉄粉もあります。

その場合は、トラップ粘土や鉄粉除去用ラバーパッドを併用することで綺麗に鉄粉を除去することができます。

エンブレムなど細かい部分の洗車

細かい部分の洗車には、使い古した歯ブラシを使用するのが最も効果的です。また、古いワックスがエンブレムなどの際に残っている場合は、爪楊枝で落とすのもよいでしょう。

拭き取り作業


洗車の水気を拭き取るには、セーム皮を使用すると水分を簡単に除去できるので便利です。ただし、エンブレムやモール、ドアミラーやドアノブに付着している水分は、いつまでたっても垂れてきます。

そこで、エアブローを使い水分を吹き飛ばすようにします。

プロがエアブローを行う場合はコンプレッサーを使いますが、一般ではコンプレッサーより掃除機の機能を併せ持ったブロワーを1台用意するとよいでしょう。掃除機兼用であれば、クルマの洗車に車内掃除と車外の水の吹き飛ばしに使えるので、便利です。

下地作り用品

下地作りには、コンパウンドを使いボディについた細かい傷などを落とします。ボディの細かな傷を取ることで、ガラスコーティングを施工したときの輝きが大きく変わります。

コンパウンド

コンパウンドは、様々なメーカーから多くの商品が販売されています。コンパウンドは、塗装を削る細かい粒子が入っているので、その粗さにより塗膜の削る力が異なります。

粗いコンパウンドを使えば、深い傷は直ぐに取れますが、塗装を剥離してしまう恐れがあります。また、粗いコンパウンドは細かい磨き傷をつけるので綺麗にするというより傷をつけることになるでしょう。

そこで、コンパウンドでガラスコーティングの下地処理を行う場合は、ボディの色にも注意して選ぶようにします。黒系の濃色車は、細かい傷が目立ちやすいので、仕上げ用の超微粒といったコンパウンドを使い磨きます。

一般に細目、極細目、超微粒の3種類を用意して使い分けるとよいでしょう。

マスキングテープ

マスキングテープは、コンパウンドで磨きたくない場所にテープで保護します。ドアサッシやメッキ部分などを事前にマスキングテープで養生しておくことで、磨きたくない部分の保護ができます。

またボディラインなどは、コンパウンドで磨きすぎることが多くなるので、事前にボディプレスラインをマスキングしておくことで、ライン部分の塗膜の削りすぎを防ぐことができます。

ポリッシャー

コンパウンドでボディを研磨作業するには、ポリッシャーがあったほうが便利です。ポリッシャーには、ダブルアクション、ギアアクション、シングルアクションの3種類がありますが、初心者はキズが付きにくいダブルアクションがおススメです。

ギアアクションは中級者向け、シングルアクションは上級者向けとなっているので、自分の技量に合わせて選ぶとよいでしょう。研磨力は、ダブルアクション→ギアアクション→シングルアクションとなりますが、研磨キズの少なさはその逆となります。

スポンジバフの選び方も、粗目、中目、細目、微粒子用、超微粒子用とあるので、コンパウンドと合わせてバフも変えて使用します。また、バフにはウールバフもありますが、研磨力が高いので上級者向けのバフとなるため、初心者はスポンジバフを選ぶようにします。

コーティング塗布用品

ガラスコーティングキットを購入すると、専用ボディシャンプー、塗布用スポンジ、マイクロファイバー、脱脂剤がキット内に入っていることが多くなります。これらの用品がキット内にあればそれを使いコーティングすることになります。

100均の商品を使用できるか

100均でも洗車用品は販売しています。特にマイクロファイバータオルや拭き上げ用給水クロスは、かなりコスパが高い商品です。また、ホイール洗車用のブラシもキズが付きにくい素材なので、ホイール意外にボディの細かなところにも使用できるでしょう。

綺麗にコーティングするための道具の使い方

内藤

色んな道具があるのにはびっくりしました。しかも100均も意外に使えるとはこれも驚きですね。

社長

そうだね、でも使い方はその道具に合わせた使い方も大事だけど、応用も洗車には重要になるからね。壊さないようにそしてボディにキズが付かないように工夫できれば、本来の道具の使い方以外にも応用できる。

そこで、綺麗にコーティングするためのそれぞれの作業に応じた道具の使い方を説明するね。

洗車方法

洗車を行うには、水をクルマにかけてホコリや砂を洗い流すことから始めます。全体に水をかける場合、高圧洗車機を使用して吹き飛ばすのが最も効果的ですが、大量の流水で屋根から下に向かい洗い流しても問題ありません。

水でボディを洗い流したら、ボディシャンプーを使いクルマを洗います。この時にコーティング剤のセットに含まれるカーシャンプーはまだ使う必要はありません。洗車が終わったら、水気を良く拭き取ります。ドア回りなど、開口部は念入りに水気を拭き取りましょう。

下地作りの方法

下地作りを始める前に、マスキングテープでブロック分けをします。また、コンパウンドで磨いて困る場所もマスキングテープで養生するようにします。

コンパウンドで磨くには、ルーフといった高い場所から磨くようにします。屋根の右、もしくは左半分から磨きます。ポリッシャーがない場合は手で磨きますが、手で磨くとムラになりやすいので、磨く範囲を屋根なら6等分程度に分割して順番を決めて磨きます。

クルマ全体を磨き終わったら、ガラスコーティングセットに含まれる脱脂シャンプーで車を洗車します。この後はガラスコーティングになるので、ブロワーを使い水分をボディから完全に取り除きます。

コーティングの塗布の方法

ガラスコーティングの前に、脱脂作業に入りますが、専用の脱脂剤がなければ、シリコンオフ又は無水エタノールを8:2に水で希釈して脱脂します。脱脂はマイクロファイバークロスを使い丁寧に脱脂します。

ガラスコーティングの塗布には、キット内の塗布専用のスポンジを使いましょう。コーティングのふき取りには、専用のクロスを使いますが、添付されていなければ、マイクロファイバークロスを使い拭き取ります。

ガラスコーティングをする場合、ブロックごとに塗布しますが、ブロック分けにマスキングテープを使用すると、少なからずマスキングテープの糊がボディに付着するのでブロック分けは自分の頭の中で行います。どこまで塗布したのかをよく確認しながら塗布のし忘れがないようにします。

道具の効率の良い使い方

内藤

道具の基本的な使い方や、施工の方法まで詳しく教えて頂きありがとうございました。

社長

でもね、道具は基本的な使い方以外に自分の発想で使いやすいように改良してもいいんだ。

内藤

自分で工夫するという事ですか。

社長

基本は、クルマのボディに傷をつけないようにする。これを守って工夫すればいいのさ。

道具の使い方は一種類じゃない

洗車に使うスポンジも、洗車用スポンジだけがクルマのボディを洗うスポンジではありません。例えば、食器洗い用のスコッチブライトが付いていないスポンジは、細かい汚れを取るのに便利です。この他に、手でコンパウンドを掛ける場合は、あて木を使用すると楽です。あて木にはコンパウンドスポンジも便利ですが、それより安く手に入る水アカスポンジが便利です。

このように、身の回りある商品や、道具の使い方を工夫すればコーティングを効率よく施工することができます。

内藤

コーティングに欠かせない洗車も、身近な商品を使う事で、新しく購入しなくても済みますね。

社長

新しく道具を買いそろえることも必要だけど、あるもので何とかできないか考えるのも楽しいよね。

まとめ

ガラスコーティングを綺麗に効率よく行うには、道具も重要になります。しかし、一番大事なのは、丁寧な作業が綺麗にコーティングする秘訣です。洗車から下地処理までを丁寧に行うことで、満足のいくガラスコーティングの施工ができるでしょう。

ガラスコーティング

この記事はこんな人が書いています
日本コーティング社長

日本コーティング社長 太田

ハロゲンバルブのコーティング塗料の開発・製造したことでライトの第一人者と言われる存在に。その技術を活かし自動車用ガラスコーティング剤を開発・製造し、国内、海外のコーティングメーカーに対して長年OEM供給を行っている。

   
TOP