日本ライティングBlog

  • TOP
  • コーティング
  • 新車にコーティングする場合、鉄粉除去は必要?【コーティングQ&A】

新車にコーティングする場合、鉄粉除去は必要?【コーティングQ&A】

こんにちは。
日本ライティングの内藤です。

今回もコーティングに関するよくある質問について回答します。

今回新車へ施工する予定なのですが、車体洗浄、脱脂作業はするとして、鉄粉除去の必要はありますでしょうか。

内藤

鉄粉はクルマに付着する汚れの一つですが、新車にはないと思っていました。

このような質問を拝見して、新車にも付いているのか不安です。その辺を含めて教えて下さい。

軽トラマニア小泉

鉄粉に関しては、新車でも付着する場合があるというのが答えかな。

とくに、保管時期が長いほど鉄粉の付着はあるかもしれない。

内藤

保管状況にもよるんですね。工場から出てきたばかりなら問題ないということでしょうか。

軽トラマニア小泉

そこが難しい。つまり、工場から出てきてすぐにクルマを引き渡してもらうならいいけど、実際は違うよね。

様々な場所を陸送されるから、それで鉄粉が付着することもある。

鉄粉が付着しているか確認する方法と新車に付着した鉄粉除去の方法を解説するよ。

新車に鉄粉が付着しているか確認する方法

新車も長期在庫車や陸送時の状況によっては鉄粉が付着します。

長期在庫の場合は、青空駐車なので、空気中の鉄分がボディに付着して食い込みやすくなりますが、陸送中は道路を走るクルマのブレーキダストの影響や走行ルートによって鉄粉が付着しやすいでしょう。

もちろん、陸送してきたクルマをすぐに洗車して納車する場合は、鉄粉被害を食い止められることがほとんどです。しかし、ディーラーのモータープールに長期保管されると鉄粉被害は場合によっては避けられません。

つまり、新車でも世の中に出てきた瞬間から鉄粉にさらされており、その保管期間や状況により鉄粉が刺さります。

そこで新車が納車されたら洗車してボディを触り、ザラザラした感触が無いか確かめてみましょう。

タバコなどを包むセロファンでボディを擦って鉄粉を見つける方法が紹介されていますが、キズがほとんどないボディをセロファンで擦ると、細かいキズが付いてしまう恐れがあるのでお勧めしません。

手のひらの感覚でザラザラ感を探します。指で触るのではなく手のひら全体を使い、くまなくボディを触るのがポイントです。

手のひらに不快な引っかかりが無ければ、鉄粉は付着していないと判断できます。そして、手のひらに何かが当たる感触がある場合は、それが鉄粉である可能性が高いでしょう。

内藤

指だけで触るのではなく手のひら全体で触るのがポイントですね。

軽トラマニア小泉

そうすることで、広く触れるからね。よく手のひらの感覚を研ぎ澄ませることが重要だよ。

ただ、新車の場合は一般的に鉄粉の付着はほとんどないよ。

新車に鉄粉があった場合の除去の方法

鉄粉除去には、トラップ粘土と呼ばれる鉄粉取り粘土のほかに、鉄粉除去できるシャンプーやスプレーを使用します。

車に付着する鉄粉とは?成分・性質と鉄粉取りの方法について解説

近年の新車の塗装は優れており、昔のように塗膜が柔らかくキズがすぐにつくようなことはありません。

とはいっても、新車はキズがほぼない状態なので、鉄粉取りでキズを付けてしまう二次災害を避けなければなりません。

キズを付けないようにするには、施工方法を少し工夫することで回避できます。

もちろん、鉄粉取りスプレーだけを使用していればキズを付けずに除去できる可能性もありますが、1回の塗布で鉄粉が全て落ちないことも多く、時間もかかるうえ鉄粉取りスプレーを大量に噴霧する必要も出てきます。

そこで、鉄粉取り粘土を使用して除去します。鉄粉取り粘土はボディを擦るのでキズが付く可能性があるので、方法を少し変えて除去します。

最初に、鉄粉取り粘土を熱いお湯につけて柔らかくします。そうすることで、練りやすくなり、粘土を使用しやすい形に変えられます。

温度はお風呂の温度程度で十分柔らかくなります。

注意する点は、あまり熱くし過ぎると手で持つのが大変なほか、鉄粉取り粘土の熱が塗膜に伝わり柔らかくしてキズが入りやすくなるので注意してください。

もう一つの注意点は、ボディは出来るだけ冷たいときに使用します。その理由は、日中の熱い時には塗膜が熱で柔らかくなっているので、キズが入りやすいためです。

次に、霧吹きなどでボディを濡らして使用する方法が知られていますが、出来るだけボディとの摩擦抵抗を避けるためにカーシャンプーを使用します。

鉄粉取り粘土の使い方とは?完璧に鉄粉を取る方法

そして、鉄粉の部分に鉄粉取り粘土を軽く押しあてるようにしながら鉄粉を取り除きます。

この時に上下左右などに鉄粉取り粘土を擦るとキズが入りやすいので、できるだけボディに対して垂直に押し当てて放すことを意識しながら作業します。

鉄粉取り粘土は、吸着力があるので上下左右にスライドさせなくても鉄粉を吸着できます。無理して動かす必要はありません。

そして鉄粉取り粘土が汚れたら、またお湯につけて練り返してキレイな面を出して作業を繰り返します。

内藤

鉄粉取り粘土の使い方に新発見がありました。

鉄粉取り粘土はスライドさせて使用するものとばかり思っていました。

軽トラマニア小泉

新車の場合、鉄粉はそれほど多くないからピンポイントでの作業になるからね。だから押し付けて除去する方法が使える。

そうすることでキズを付けることがないから、磨き作業することなくガラスコーティングできるよ。

内藤

なるほど、そうすると鉄粉取り粘土だけ用意すればよいですね。

軽トラマニア小泉

実はよい商品があるんだよ。

日本ライティングから販売されているゼウスクリアのコンプリートキットなら、鉄粉取り粘土が同梱されているんだ。

しかも脱脂効果の高いシャンプーもあるから、洗車道具は基本的なものがあればすぐに鉄粉取りしてガラスコーティングの施工ができるからおすすめかな。

ゼウスクリアガラスコーティング剤

その他のガラスコーティングについてよくある質問

新車にコーティングは必要?施工しても意味がない?効果について解説

ガラスコーティング施工時に結露(水)が有るのは大丈夫?【コーティングQ&A】

サンルーフのガラスコーティング施工などに活躍するアイテム(脚立?踏み台?)【コーティングQ&A】

この記事はこんな人が書いています

軽トラマニア小泉

カスタム・鈑金・コーティングなど自動車関連の業務に30年以上携わり、数多くのカスタムも手掛けてきた実績があります。コペンのデモカーで雑誌K-CARに何度も取り上げられる。大会に出品する車両製作を手伝い全国2位を受賞。

軽トラももちろん所有し、スバルサンバーに赤帽の赤いヘッドエンジンに憧れ換装したほか、ダイハツハイゼットでは、車高を上げて林道を走破しやすい改造や、荷台にスポットライトを増設。また、乗り心地が少しでもよくなるようにと、シートにはアトレーワゴンのシートを移植するなど、数多くのカスタムを行ってきました。 

   
TOP