日本ライティングBlog

  • TOP
  • コーティング
  • 新車の未塗装樹脂やヘッドライトを長続きさせるおすすめ商品【コーティングQ&A】
ヘッドライト黄ばみ

新車の未塗装樹脂やヘッドライトを長続きさせるおすすめ商品【コーティングQ&A】

こんにちは。
日本ライティングの内藤です。

いつまでも新車の状態を維持するために、車購入時に洗車道具を買い揃えたりしますが、思うように維持できずに悩まれている方も多いと思います。

このような質問をされている方がいらっしゃいました。

新車時に将来の黄ばみや劣化防止にヘッドライトや未塗装樹脂を保護しておきたいのですが、おすすめ商品ありますか?」

島田

確かに未塗装樹脂やヘッドライトは経年劣化するパーツだからね。抑える方法があれば最高と言える。

内藤君、なんで劣化するか知っているかい?

内藤

それは汚れや紫外線が影響するんですよね。

島田

その通り。未塗装樹脂やヘッドライトは特に紫外線の影響を受けやすいから劣化する。

質問にあるように、保護できないこともないからその辺を樹脂の劣化とともに解説するよ。

未塗装樹脂やヘッドライトを劣化から守る

未塗装樹脂は、長く使用していると白化と呼ばれる劣化が起き、ヘッドライトはレンズが黄色く変色します。どちらも樹脂であり紫外線などの影響を受けることで劣化が進みます。

劣化した状態はそれぞれ異なり、ヘッドライトの場合、劣化が進むとヒビが入ることも稀にあります。そこで重要になるのは、それぞれの樹脂を保護することです。

新品の樹脂には、紫外線などの影響を減らす対策としてUVカット剤などが含まれていますが、それでも数年使用すると劣化が起きます。そこで登場するのが、未塗装樹脂やヘッドライトレンズを劣化から守る保護剤です。

未塗装樹脂には、古くから艶出し保護剤が使用されてきましたが、塗布しても長続きしないデメリットがあり、オーナーは定期的に艶出し保護剤の塗布が必要です。

そして、ヘッドライトは最近になって磨き剤が登場し、黄ばんだヘッドライトを専用の磨き剤で磨くときれいになるようになっています。

しかし、どちらも新車の状態をそのまま維持するとは言い難く、どうしても新車のクオリティには遠く及ばないものになっています。

そこでおすすめなのが、未塗装樹脂にもヘッドライトにもコーティングを施工することです。様々なメーカーから販売されており、半年から1年程度保護できるのでお勧めでしょう。

また日本ライティングからは、未塗装樹脂用の保護剤として、樹脂コートが販売されています。この商品は、樹脂へのコーティングなのに他にはあまり見られない3年間持続します。

新車の状態を長く保ちたい場合は、その状態をそのまま閉じ込めて固めるコーティング剤が有効なので利用するとよいでしょう。

内藤

たしかに、新車の輝きをそのまま閉じ込めてしまえば、汚れから守れますからね。

島田

確かに汚れに対してはかなり強いよね。でも紫外線に対してはかなり厳しいかもしれない。

内藤

それじゃあ、コーティングしても劣化から守れないということでしょうか。

島田

そんなこともないんだよね。なにもコーティングしていない樹脂の場合、紫外線を浴びて汚れも付着するから、劣化も進みやすい。

でもコーティングしてあれば紫外線の影響は受けるけど防汚性はあるからね。

つまり、劣化の進みは何もしないより遅れるということだよ。

内藤

なんかよくわかりません。

島田

それじゃあ、紫外線を防げないのにコーティングする意味について解説するよ。

樹脂の劣化を守るには防汚性能も重要

未塗装樹脂やヘッドライトレンズの劣化は、太陽の紫外線が原因とされていますが、このほかにも劣化させるものとして、雨、酸素による酸化反応、昼夜の温度差、微生物、界面活性剤、応力やゆがみなど様々な要因があります。

つまり、未塗装樹脂やヘッドライトレンズは、常にストレスを感じる環境にさらされているので、それらを防げば劣化はしません。

未塗装樹脂やヘッドライトレンズを外因から守るには、樹脂に直接悪影響を与えるものから守ればよいので、コーティングするのが一番ということです。

コーティングしてあれば、雨も酸素も当たりません。また、微生物により劣化させられることもないでしょう。

たとえば、カーシャンプーに含まれる界面活性剤も樹脂にとっては劣化の要因になっているので、キレイにしているつもりが、逆に樹脂を劣化させていることに繋がっています。

もちろん、カーシャンプーをキレイに洗い流せばある程度防げますが、ボディに付着している時間が長くなると劣化が進んでいるのでなるべく使用しない方が良いと言えます。

そこでいい方法としては、クルマを汚れから守るガラスコーティングを施工することです。

そうすることで、ボディに付着した汚れを水洗いだけで落とせるので、カーシャンプーによる樹脂への攻撃は避けられます。

しかも樹脂にもコーティングしてあれば、汚れや劣化から守れるので、クルマ全体へのコーティングが未塗装樹脂やヘッドライトを守るポイントと言えるでしょう。

内藤

クルマのボディコーティングが樹脂を守れるんですね。

島田

そういう事。トータルでケアしないとダメなんだよね。

一カ所だけキレイにしても、その他がそのままだと、弊害が出るという事を覚えておくといいよ。

未塗装樹脂に関する記事

未塗装樹脂を白化から守り黒さを長持ちさせる方法

未塗装部分を黒くする方法(塗装、靴墨、タッチペン、染Q、艶出し、コーティング)

未塗装樹脂の手入れに最適なケミカル剤とは?

【新入社員チャレンジ企画】未塗装樹脂の白化を自然な黒に復活させるには?

【未塗装樹脂コーティング】未塗装樹脂部分の変色・白化を解消する手入れ方法

その他のコーティングについてよくある質問

【コーティングQ&A】未塗装樹脂パーツの黒さを保つのに塗装はあり?

【コーティングQ&A】なぜ、未塗装樹脂にシリコーンオイルで黒くしても長続きしないのか?


コーティング剤・施工についてよくある質問をまとめました

   
TOP