日本ライティングBlog

  • TOP
  • コーティング
  • 【新入社員が行く!出張コーティング】ラクティスのフロントガラスをコーティング
ラクティス_フロントガラス撥水コーティング施工

【新入社員が行く!出張コーティング】ラクティスのフロントガラスをコーティング

こんにちは。
日本ライティングの内藤です。

私どもが製造・販売しているコーティング関係の中にフロントガラスなどに施工するコーティング剤があります。

販売当初から人気があり、雨天時のフロントガラスの視認性を気にする方が多いと改めて感じました。

また、僕自身も愛車に施工していて商品の良さを身をもって体験しています。その良さを多くの方に知っていただきたいと思っており、今回も「新入社員が行く!出張コーティング」をやってきました。(その他の施工事例はこちらからご確認下さい)

今回は知り合いのTOYOTAラクティスに施工しました。

施工方法からコーティング施工後の状況についてまとめましたので、気になる方は御覧ください。

TOYOTAラクティスのフロントガラスにコーティング施工

今回も知り合いのオーナー様からフロントガラスの撥水について相談を受けました。

ラクティス_フロントガラス撥水コーティング施工

カーポート保管で使用頻度もあまり多くなく、酷い汚れはありませんが、全体的に埃を被っていました。

このままの状態でも問題はなさそうですが、梅雨時期の運転が疲れるとのことで、今回コーティングを施工してみました。

ガラス表面に水をかけてみました。

ラクティス_フロントガラス撥水コーティング施工

現状は、撥水するでもなく非常に汚れているわけでもなく、ガラスのコーティングを行うには楽な印象を受ける状態です。

前回までに勉強した通りの手順で作業を進めようと思います。

まずはコーティングが定着しやすいように軽研磨でガラス表面を磨きます。

ラクティス_フロントガラス撥水コーティング施工

表面の小傷が消えるだけでも視界は非常にクリアになります。全面を均一に磨き上げますが、力を入れずに撫でる感じで縦横と3往復するのがコツです。

磨き上げ後はガラスに映り込む景色もくっきりとなり、磨き前と比較しても既に違いが判ります。

ラクティス_フロントガラス撥水コーティング施工

状態が目に見えて良くなるのは作業をしていても嬉しくなりますね。

磨き上げ後はしっかりとガラス用コンパウンドを洗い流して拭き上げ、乾燥させます。

ラクティス_フロントガラス撥水コーティング施工

水分が残っているとガラスのコーティングも定着しにくく失敗してしまうので手抜きはできません。

作業を行った日はやや曇り気味で過ごしやすい気温だったので、ガラスコーティングも乾燥が緩やかで施工が楽でした。

コーティイグは施工したら速やかに拭き取り作業を行います。

ラクティス_フロントガラス撥水コーティング施工

拭き上げ後に二時間は完全乾燥を行うため、ガラス作業は一度中断し、休憩しながら室内の樹脂部分を先日販売したシルキーグローで綺麗にしました。

二時間が経過し、撥水の確認です。

ラクティス_フロントガラス撥水コーティング施工

個人的に一番楽しみな瞬間で、この踊るように撥水する光景は芸術的ですらあります。

どうやって撮影すれば躍動感のある撥水を撮影できるか、シャワーとカメラを両手に携えては試行錯誤しています。

今回は水が弾けるような撥水の写真を撮影できて満足な瞬間でした。

しかしながら、実際の雨天時はシャワーのような雨というのは少なく多くの場合は霧吹きのような雨になります。どんなシチュエーションでもしっかり撥水するのかを霧吹きで確認しました。

ラクティス_フロントガラス撥水コーティング施工

非常に良好ですね。知り合いのオーナー様は、目に見えて良くなっているガラスに感動して貰いました。

ラクティス_フロントガラス撥水コーティング施工

まとめ

今回は知り合いのTOYOTAラクティスのフロントガラスにウインドウ用コーティングを施工してみました。ボディ用コーティングに比べると比較的に簡単に施工ができるのでコーティングに興味がある方は、フロントガラスからチャレンジすると良いと思います。

使用した商品はこちらとなります。気になる方はこちらから御覧ください。

その他の施工事例

フロントガラス用コーティングを施工した事例はこちらにまとめております。良ければご確認ください。 
 
【 ⇒ 施工事例集 】 
 

   
TOP